【体験談】注文住宅の計画を進める前にチェックしておきたい、条件整理の項目まとめ

基本条件整理

今回の記事では、注文住宅で一番大事な条件整理についてご紹介します。
土地探しから、設計者の相談までの前段階において、網羅的に整理してみました。
チェックシート形式で誰でも簡単にはじめられます。

この記事では

  • 条件整理といってもどんな事を整理すれば良いかわからない
  • 整理したけど大事な事が抜けている気がする…
  • 土地や家のイメージを詰めるのに抑えるポイントがわからない

といった疑問に答えていきます。

【結論】

いきなり結論ですが、筆者の作成した条件整理シートを活用していただくのが一番です!

建主兼、建築士としての経験から
土地探し、家のイメージを設計者に伝達する各段階において、押さえておいた方が良いポイントをチェックシート式でまとめました。

また、実際に設計が始まってから、判断に迷ったときに振り返って、自分たちに理想イメージがどうだったか、原点に戻るという意味でもこのシートが活きてくると思います。

条件整理シート

下記が筆者の作成した条件整理シートです。
個人使用の範囲内でご自由にお使いください。

※エクセルファイルのダウンロード版は近日公開予定

シートの書き方

基本情報は左の項目に従って順に記入ください。

要否が書いてあるシートの方は、左に並んだ項目ごとに、右の欄の選択肢に○をつける。もしくは内容を記入すればオーケーです。

施工者や設計者とは未定の項目は空欄でも問題ないと思います。わからなければ相談するスタンスで大丈夫です。

1. 基本情報編

ここでは、相談する際に必ず聞かれる事項を記入します。

書いておけば毎回相談相手が変わるごとに記入する手間が省けるので活用してください。

2. 土地探し編

この項目はこれから土地を探すのに、必要な情報や、条件です。この欄が埋まっていれば不動産屋さんも大体、土地を探す基準がわかるので、希望条件を整理して記入して下さい。

【土地探し条件についての詳細記事はこちら】

3. 家づくり編(住宅設備)

こちらのシートは家づくりを始めて設計士や、メーカー、工務店などに自分の希望の住宅設備を伝える際に使うチェックシートです。

どれも基本設計概算にも関わる内容ですので、遅くても基本設計が終わるまでには、全ての項目が埋まっていることが望ましいです。

どれもメーカーの製品を実際にショールームに見に行ったりと、決めるのに時間がかかる項目でもあります。

条件整理シート

※エクセルファイルのダウンロード版は近日公開予定

4.家づくり編(間取り)

執筆中です。近日公開。

【まとめ】

家づくりにおける条件整理は、もっとも時間をかけて固めたいところです。

こういう家にしたいという軸がブレなければ、設計段階で迷ったり、後から現場で変更して余計なお金と時間がかかることも未然に防げます。

またシートは少しずつアップデートしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました