【購入レビュー】時間と空間を節約・料理効率最速化!壁付け調味料ラック360°回転式

{"cameraType":"Wide","macroEnabled":false,"qualityMode":2,"deviceTilt":-0.0058761448599398136,"customExposureMode":0,"extendedExposure":false,"whiteBalanceProgram":0,"cameraPosition":1,"focusMode":0}

こんにちはジョナです。
タイル壁に設置可能な調味料ラック、中々おしゃれなデザインが見つからない…そんなお悩みを持っていませんか?
くわえて、複数同時進行の料理の効率化をご検討であれば、壁付け回転式調味料ラックがベストな答えです!

筆者が購入して試してみたので、本記事でレビューします。

keemov|壁掛け360°回転式調味料ラック

筆者の自宅ではkeemovの壁掛けラックを購入しました。
設置イメージはこんな感じです。

【結論】

我が家でこの商品を選んだ理由は

  1. 省スペース
  2. 汚れにくい
  3. 家事動線の効率化
  4. シンプルな見た目

特に使い始めて実感したのは、調味料動線の超効率化です。

料理の際に何度も開けて、閉じて、しまう、一連の流れに革命が起きました。

我が家の場合

  1. 使用時に各段の調味料を並べて回転させておく(この状態で既に蓋が空いている)
  2. 塩、砂糖、鶏ガラ粉末を必要分量、直接鍋に放り込んでいく
  3. まとめて壁側に手で押し戻しておしまい。

気持ちが良いくらい料理が捗ります。

今まで調味料を出し入れするの一連の流れを、料理を変えるたびに都度繰り返してたのですが、
こちらの商品を利用してからは、全部いっぺんに、引き出して、使って押し戻してしまう。たったこれだけで動作が完結することに。

おかげでご飯作りの時間も僅かながら短縮できました。毎日3食の料理時間なので長い目で見れば、結構時間を節約できてるのではと思います。

タイル壁対応タイプ

購入を検討した際に、タイル壁に取り付け可能なものを探すのに苦労しました。
マグネット式が主流で、わざわざキッチンにタイルを採用している家庭が少ない様です。

需要が少ないおかげで、欲しくなる様なデザインが少ないのも現状です。
こちらのアイテムはシンプルなデザインのため、どんなインテリアにも合わせやすいので、気に入って購入しました。

縦軸360°回転式

縦軸に個々の調味料ケースが回転するので、複数の調味料に同時にアプローチが可能。
マルチタスクな料理をする方にぴったり。回転展開する機能性ラックとか料理男子の心をくすぐります!

壁付けなんだから180°までしか回転できないでしょ!という、つっこみは置いておいて…
普段は縦に収納されているので、徹底的に省スペース実現してます。

蓋開閉のショートカット

個々のケースを、回転させることで上の段と平面がずれていくことで、回転させた段階で蓋が開いている状態までもっていけます。
蓋開閉の動作が不要になることで、調味料入れるまでの動作が、超速になります。

掃除のしやすさ

台置き特有の瓶の底に汚れが付くことがないのが最大のメリット。
また油はねが台置きに比べて付着しづらいのも◎です。

いまひとつな点

近くで見た時の素材の安っぽさが気になります。
せめて表面をマットなブラスト処理がされていれば、安っぽいプラスチック系のテカリがなくてベストでした。

粘着力

気になる設置面への粘着力ですが、筆者自邸のキッチンで壁面は艶ありタイルの場合、執筆時点で設置から4か月経過

今のところ全く剥がれる気配がないです。普通に引っ張っても取れる気配なし。
剥がれ落ちた時の悲惨さを想像すると泣けてくるので、随時レポートします!

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。
ご紹介した、タイル壁にぴったりの壁付け調味料ラックを使えば、
複数同時に料理を作る時に、調味料を入れる動作が超効率化できて料理がはかどります。

あなたのお料理時間に革命を起こしてみてはいかがでしょうか。オススメです。

【壁付け調味料ラックまとめはこちらの記事】

【システムキッチンと同等の価格で実現するオーダーキッチンについてはこちらの記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました