マンション標準間取り|東西南北、全8方位採光ランキング【建築士ブログ】

全8方位日当たり総合ランキング
  • その方角向きのマンションが良いかわからない
  • 南東などの中間方位のマンション日当たりを知りたい
  • マンション間取りの各方角の違いを知りたい

といった疑問にお答えします。

マンションは買った時点で採光の方角が決まっているので、買う直前の判断が実際住んでからの日当りにとっていちばん大事な判断を求められます。

よく調べないで、一般論的な方角のイメージで購入してしまうと…

  • 方角が僅かに傾いていて、思ってたよりも日当りがない!
  • テレビを見ていると日が射して眩しい…
  • 窓際しか明るくならない!部屋奥が暗い。

といった後悔や失敗をしてしまうかもしれません。時既に遅し数千万のローンを組んだあとに買い直しなんてできませんよね。

この記事では一級建築士で自邸の設計経験、マンション居住経験のある筆者が、

マンション標準間取りを採光シミュレーションソフトで、東・東南・南・南西・西・北西・北・北東ごとの全8方角を解析し、間取りの日当りをランキング形式でご紹介していきます。

細かな各方角の特徴を抑えておけば、購入してからの後悔を防げて、家具レイアウトにまでその知識を活かせます。

仲介手数料0円のZERO!HOMESに実際に問い合わせて確かめてみたレビュー▼

検証条件:I型・田の字プラン

■地域︰東京
■天気:晴れ
■敷地条件︰南西向き・開口部向かいに遮蔽物なし、1階

■検証間取り:
I型・田の字プラン。玄関側には廊下がある中間階を想定。

■検証時間帯︰(季節︰春秋分)
 朝9時、昼12時、夕16時

■季節ごとの解析条件(時間帯︰12時)
 春分(3/20)、秋分(9/23)、夏至(6/21)、冬至(12/22)

季節ごとの日照時間の特徴についての詳しい記事はこちら▼

■解析単位︰lux
lux(ルクス)とは?単位についての詳しい記事はこちら▼

■使用ソフト︰VELUX Daylight Visualizer
(CIE国際照明委員会 から、採光シミュレーションプログラムの精度を検証する試験により CIE171:2006 認定を取得)

【全8方位 総合日当りランキング】

全8方位(東・南東・南・南西・西・北西・北・北東)における日当たり総合ランキングは下のようになっています。


※下記のシミュレーション図は比較用に全時間を重ね合わせた解析図です。実際の明るさとは見た目は異なります。

全8方位日当たりシミュレーション 【全時間】
全8方位日当たりシミュレーション 【全時間】

総合日当たりランキング

  1. 南東向き
  2. 南向き
  3. 東向き
  4. 南西向き
  5. 北西向き
  6. 西向き
  7. 北東向き
  8. 北向き

全時間を総合した日当たりランキングで


第1位は、南東向きの間取りでした。

南東向きの間取りは朝から昼にかけての圧倒的な日当たりの持続時間が勝因となっています。

第2位は、南向きの間取りです。

朝から夕方の全時間において平均的に日当たりが望めます。南向きはまさに全時間バランス型の日当たりトップランカーといえるでしょう。

第3位は、東向きです。

朝方の日当たりは南東向きに継いで有利な条件となっています。しかし昼から午後にかけて、早い段階で日当たりがなくなっていく点が上位ランクに及ばなかった部分です。東向きはいうならば、朝先行型の日当たりといえますね。

第4位は、南西向きです。

南西向きは全時間帯において6位の西向きを押さえての4位入賞です。昼頃から東向きを抜き去り、夕方には一気にトップに躍り出るその日当たりは、南西向きは後半猛追型の日当たりランカーという言葉がぴったりです。

第5位は、北西向きの間取りです。

特筆すべきは廊下側諸室の日当たりが有利なところです。廊下側の部屋B、Cだけ見れば間違いなく1位ですが、日中でもリビングの照度が中々上がりきらないこともあり、この順位となっています。北西向きは全方位カバーの平均型日当たりディフェンダーといった印象です。

第6位は、西向きです。

朝方の日当たりのスタートの遅さから出遅れ、昼には改善されていきますが、夕方になっても南西向きにはかなわず夜を迎える、おいしい所がない間取りです。西向きは、目立たないけど後半ちょっと頑張る日当たといった結果となっています。

第7位は、北東向きの間取りです。

北東向きは終日暗めでかろうじて北向きに比べ、夕方付近で僅かに日当たりが持続することで7位にはいっています。いわば首の差で最下位を脱出した日当たりといえるのではないでしょうか。

最下位は、北向きの間取りです。

噂にたがわず全時間において照度が上がり切らない特徴をもっています。冬は太陽高度が下がるとはいえ、他の方角と同程度までしか採光が見込めず。The・日当たり最下位の名にふさわしい成績となっています。

時間帯別|日当りランキング

朝の日当り

全方位の朝方の日当たりを比較してみます。

全8方位日当たりシミュレーション 【朝】
全8方位日当たりシミュレーション 【朝】

朝の日当たり順にランキングすると下記のようになります。

  1. 南東向き
  2. 東向き
  3. 南向き
  4. 北西向き
  5. 南西向き
  6. 西向き
  7. 北東向き
  8. 北向き

先ず、圧倒的に南東向きが有利ということがわかります。続いて東向き、南向きとくるのは予想通りといった所でしょうか。


意外なところでは4位に北西向きがランクインしています。北東、向きは東に傾いている恩恵を受けていません。

昼の日当り

つづいて、昼間の日当たりを方位ごとに比較してみましょう。

全8方位日当たりシミュレーション 【昼】
全8方位日当たりシミュレーション 【昼】

昼間の日当たり順のランキングは下のようになります。

  1. 南向き
  2. 南東向き
  3. 南西向き
  4. 北西向き
  5. 東向き
  6. 西向き
  7. 北向き
  8. 北東向き

昼間においては南近傍に向いた3方角がTOP3を独占しています。


北西向きは廊下側の日当たりが健闘して第4位。東向きは朝方から一気に下がって5位。下位は北・北東・西向きで争っている状況となりました。

夕方の日当り

夕方の日当たりを全8方位で比べてみます。

全8方位日当たりシミュレーション 【夕方】
全8方位日当たりシミュレーション 【夕方】

夕方の日当たりをランキング順に並べると、

  1. 南西向き
  2. 西向き
  3. 南向き
  4. 北西向き
  5. 北東向き
  6. 北向き
  7. 東向き
  8. 南東向き

ここに来て大きく日当たりの順位が入れ替わります。


トップは南西向きの間取りです。

次いで西向き、南向きの順に日当たり良好となっていまして、北西・北東向きは検討して4,5位にランクインしています。


東向き、南東向きは僅差ですが北向きを下回り夕方においては下位の順位にとどまりました。

季節別|日当りランキング

夏の日当り

夏至の時期に焦点をしぼって各方位の日当たりを分析します。

全8方位日当たりシミュレーション 【夏至】
全8方位日当たりシミュレーション 【夏至】

夏至における日当たり順位は下の様になりました。

  1. 北西向き
  2. 南向き
  3. 南東向き
  4. 南西向き
  5. 東向き
  6. 西向き
  7. 北東向き
  8. 北向き

ここにきて、以外にも北西向きが夏至の日当たりトップに輝きました。

夏至の日当たりが良いのは明るくなると同時に、日射による暑さ対策が必要となるので地域によっては注意が必要です。


反対に北東や北向きは夏も涼しく過ごしやすくなる傾向があるようです。

冬の日当り

冬至における日当たりを順番に見ていきましょう。

全8方位日当たりシミュレーション 【冬至】
全8方位日当たりシミュレーション 【冬至】

冬至における日当たり順位は下記の結果となりました。

  1. 南向き
  2. 南東向き
  3. 南西向き
  4. 東向き
  5. 北西向き
  6. 西向き
  7. 北向き
  8. 北東向き

冬場の暖かさ・寒さに直結する日当たりは南向きが見事に1位を獲得しています。


南東・南西と続き、南向き近傍でトップ3を独占
しました。冬場の寒さが気になる方は南向き近傍が間違いないといえます。


その他は東向き北西向きが健闘しつつ、やはり北向きと北東向きは下位のランクに留まっています。

春秋の日当り

春秋分における日当たりに注目すると下記のような結果になりました。

全8方位日当たりシミュレーション 【春秋分】
全8方位日当たりシミュレーション 【春秋分】

春秋の日当たりランキングはこの通りです。

  1. 南向き
  2. 南東向き
  3. 南西向き
  4. 北西向き
  5. 東向き
  6. 西向き
  7. 北向き
  8. 北東向き

基本的に、最初の項でご説明した昼間の日当たりと同じ条件結果となっています。


南向き有利、北向き(北西除く)不利の順位は変わらないようです。

まとめ

日当たり総合ランキング

  1. 南東向き
  2. 南向き
  3. 東向き
  4. 南西向き
  5. 北西向き
  6. 西向き
  7. 北東向き
  8. 北向き

となっており、基本的には南3方位が日当たり有利、北3方位が不利となるのは変わりません。

一般論からは外れるのが、
・南東向きは一日で見ると南向きよりも日当たりが良い。
・北西向きが家全体の明るさが平均的に確保できる

など、シミュレーションならではの発見がありました。

これらの方角による違いを知っておけば、自分の生活に合ったお得な物件に出会えたり、購入後の公開もグッと減ること間違いなしです。

東西南北、部屋の明るさの雰囲気を見たい方はこちらの記事▼

仲介手数料が最大0円+キャッシュバック付きで新築戸建て、中古マンションを紹介してもらえる!

一般的に新築戸建ての購入や中古マンションの購入には、仲介してくれた不動産会社に、
仲介手数料(物件価格か×3%+6万円+税)がかかります。

例えば4000万円の新築一戸建てを購入する場合、
4000万円×3%+6万円+消費税(10%)=132万円の仲介手数料がかかります。

しかし、ZERO!HOMES であれば、東京、千葉、神奈川、埼玉の物件が仲介手数料無料で紹介してもらうことが可能です。

浮いた100万円で、新居でいい家具を買ってもよし、ローンを減らしてもよし、ついでに車を買い替えてもよし。
しかも、問い合わせ無料で匿名もOKです。

例えば、SUUMOat homeLIFULL home‘sYAHOO不動産で見つけている物件のURLをコピーして、

ZERO!HOMES の問い合わせフォームに貼って送るだけで良いのです。

建築士である筆者も実際に問い合わせて、本当に仲介料が0円になる物件があるのか確かめてみました。

実際に、ZERO!HOMES に問い合わせてみて感じたのが、匿名OK、何件問い合わせてもOKという気軽さです。

運が良ければキャッシュバックももらえますし、レスポンスもとても早く丁寧なので、
先ずは聞いてみて、その後内見するかはじっくり考えてみることをおすすめします。

新築戸建てや中古マンションを、お探しの方に絶対おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました