南東側4m、6m、8m先に家がある場合の日当たりを比較|1階2階日影図+採光シミュレーション

やっと見つけたその土地、南東側に住宅が建っていませんか?

  • 南東側隣家の影の影響を知りたい。
  • お隣の家が近いので、リビングは日当たりを考慮して1階?2階?
  • 土地選びの段階で失敗したくない…

そんな疑問に、


一級建築士で自邸設計経験のある筆者が、採光シミュレーションによって南東向きリビングで、隣地に住宅がある土地に、どの程度の日当たりが望めるか?を検証していきます。

【結論】南東側1階、2階リビングで日当たりに必要な離隔距離

結論から言うと、1階リビングなら4〜8メートルの隣家距離どれもあまり差が出ません。

あえて言うならば、少しでも日中の日当たりの時間が長い6メートル以上とすべきです。

昼間には窓に対して斜めの方向から日差しが入りますが、朝方の早い時間帯はどれだけ隣家からの距離を離しても冬場は影がかかりますので、南東向きのメリットは感じにくいでしょう。

そして、午前中の後半に差し掛かると日差しが入りはじめます。

2階リビングにできるなら、6メートル以上離せると冬場の朝方も日当たりが望めるでしょう。

それ以外の季節時間帯についてはいずれも日当たり良好です。

それでは、詳細にみていきましょう。

建築士自邸のリビング事例はこちらの記事▼

検証条件

■地域︰東京

南東向きリビング 検証条件
南東向きリビング 検証条件


■敷地条件︰
・南東側の住宅は木造二階建て、陸屋根高さ6.2mとする
・自宅と隣家の壁面間の距離は4m・6m・8m
・敷地接道は北西側とする。
・リビング窓はW1800mm、H2200mmの寸法

■日影図検証
1階FLはGL+500mm、2階FLは+GL+3600mmとし、床高さにおける日影図の検証。

日影図の見方についての説明はこちらの記事▼

■採光シミュレーション
使用ソフト︰VELUX Daylight Visualizer
(CIE国際照明委員会 から、採光シミュレーションプログラムの精度を検証する試験により CIE171:2006 認定を取得)

※本記事では正確性を担保するために、複数の手法(日影図・採光シミュレーション・太陽高度断面)によって検証していきます。それぞれの分析手法には若干のブレ(条件やソフトの特性による正確度)が発生するためです。
正確性には注意していますが、実際の敷地条件によって結果は多少変わります、結果については確実な日当たりを保証するものではありませんので参考としてください。

南東側隣家との距離ごとの日当たり断面比較 

南東向きリビングで、隣家距離4メートル、6メートル、8メートルの日当たりを断面で比較してみました。

各季節の南中高度による日当たり断面検証 南東リビング
各季節の南中高度による日当たり断面検証 南東リビング

上の図では、各季節の南中高度を示しています。南中高度とは1日のうちで最も太陽の高さが高い位置に来る時間帯の太陽の高度を示しています。

立地は東京を前提に、冬至は南中高度31.6°、春秋分は55°、夏至は78.4°としています。

南中高度などの太陽の動きについての基礎知識はこちらの記事を参考ください▼

南東向きの窓に対して南北で切った断面を書いているので,実際の窓見附面積は半分程になります。

・4メートルの隣家距離の場合は、

冬季わずかに隣家の影が1階リビングに届く時期がありますが、年間ほとんどの期間で昼間の時間帯での日当たりが望めると言えます。

・6メートル、8メートルの隣家距離の場合では、

1階リビングには隣家の影の影響は出ません。年間を通して昼の日当たりは良好です。

窓対面方向に太陽が位置する時刻の日当たり断面検証 南東リビング

上の図は南東向きリビングの正面に太陽がくる時刻(太陽方位約135°)の断面図です。

・4メートルの隣家距離の場合では、

朝方早い時間帯では一年の半分以上は影の影響で日当たりが望めないばかりか,2階リビングの場合にすら,影が部屋に入る季節があります。

・6メートル、8メートルの隣家距離の場合では、

一年の内、冬季の限られた期間、その朝方早い時間帯に1階リビングに隣家の影の影響が出ます。
しかし一年のほとんどの時期は朝の日当たりが望めます。

また、2階リビングではさほど影の影響は発生しないと言えるでしょう。

それでは平面的な影の影響について、次項で細かくみてみましょう。

南東側隣家との距離4メートルの場合

南東向き1階リビングで隣家との距離4mの日当たりは…

  • 午前中の後半から午後14、15時までしか日が当たらない
  • 日が当たる時間帯も窓ぎわしか明るくならない

南東向き2階リビングで隣家との距離4mの日当たりは…

  • 一階に比べて+2時間午前中の日当たり時間が延びる
  • 窓ぎわしか明るくならないのは1階リビングと同じ

南東側4メートル先に住宅がある場合1階リビング日当たり

南東側隣地に建物間で4mの距離がある場合の影の位置を見ていきます。

1階リビングの日影図

1階リビングについて、隣地建物の影の平面位置を日影図を用いて、分析してみましょう。

春秋分の日影
南東4m 1階 春秋分の1階日影図
南東4m 春秋分の1階日影図

春分秋分時の影の位置を見て行みると、

隣家の影が被ってくるため、朝11時までは直接リビングに日は当たりません。

11時を過ぎてようやく日が入ってきますが、太陽のリビング窓に対する角度が徐々にキツくなり、14時頃には完全に窓と並行方向に太陽が向いてしまいます。

冬至の日影
南東4m 1階 冬至の1階日影図
南東4m 冬至の1階日影図

冬至付近になると昼の13時頃まで影の中です、

15時頃にはすでに隣家の影の中に入ってしまいます。

昼のほんの僅かな時間しか日当たりは望めません。

1階リビング 冬至の採光シミュレーション

1階リビング 冬至採光シミュレーション
1階リビング 冬至採光シミュレーション

日影図と、精度が違うため、12時時点で日が若干入っていますが、

緯度経度の条件などで日がお昼までギリギリ届いたとしても、太陽の角度はキツくその日あたりは窓ぎわ付近に限定されたものとなるでしょう。

明るさの指標luxとは?詳しい解説はこちら▼

南東側4メートル先に住宅がある場合2階リビング日当たり

2階リビングの日影図

次に2階リビングについて、隣地建物の影の位置から分析してみます。

春秋分の日影
南東4m 春秋分の2階日影図
南東4m 春秋分の2階日影図

二階にリビングがある場合、春秋分には、9時から14時頃まで日当たりが望めるでしょう。

朝一番は隣家の影が被ってきますが、日中隣家の影の影響は非常に少ないです。

冬至の日影図
南東4m 冬至の2階日影図
南東4m 冬至の2階日影図

二階リビングの冬至の時期には朝夕と昼で日当たりが大きく変化します。

日影図を見る限りでは朝11時頃から日が当たりだし、15時頃には再び影の中に入ってしまいます。

春秋分の時期よりも日当たりが午後にずれ込んでいくことがわかります。

2階リビング 冬至の採光シミュレーション

2階リビング 冬至採光シミュレーション
2階リビング 冬至採光シミュレーション

実際の部屋の明るさを見ていくと、2階リビングは朝はうまくいけば隣家の隙間から日が当たります。ただし基本は暗いでしょう。

シミュレーションではうまく建物の間の日差しを捉えたようです。

お昼頃になれば、直射日光も入るので、日差しが入りますが、入射角度がきつく明るくなるのは窓ぎわのみとなりそうです。

南東側隣家との距離6メートルの場合

結論から言うと採光上、下記の様なメリット、デメリットがあります。

南東側の隣家との距離6mの一階リビング
の日当たりは…

  • 春〜夏〜秋の一部の期間でしか直射日光が入らない。
  • 日当たりのある時間帯が昼前後の2、3時間に限られる。
  • 南面の庭にも半分以上影が被る期間がほとんど。

南東側の隣家との距離6mの二階リビング
の日当たりは…

年間を通して昼前後2、3時間の時間帯に日当たりが望める。

南東側6メートル先に住宅がある場合1階リビング日当たり

南東側隣地と自邸の建物間で6mの距離がある場合の影の位置を見ていきます。

1階リビングの日影図

1階リビングについて、隣地建物の平面的な影の位置との関係を日影図を用いて、分析してみました。

春秋分の日影
南東 春秋分の1階日影図
南東 春秋分の1階日影図

春分秋分時の影の位置を見て行みると、

朝9時から10時頃にリビングに日が届き出すとわかります。

隣家の影位置で決まってくるので、基本的には隣家の屋根高さに依存する点に注意です。

午後は14時頃になると、太陽光が直接部屋内に届かなくなります。これはリビングの窓と平行になる方角に太陽が移動してしまうためです。

南東側の庭に限って言えば、昼間長い時間日が当たる明るい庭とすることができます。

冬至の日影
南東 冬至の1階日影図
南東 冬至の1階日影図

冬至の時点での影を、見てみると昼の12時から13時頃になってやっとリビングに日が当たりだすとわかります。

午後は15時から16時ころにはリビングに日が当たらなくなります。これは太陽の角度がリビングのある壁面と並行の方角になるためです。

冬至の時期は日中12時から15時頃に限定された日当たりであることがわかります。ただ注意したいのは14時15時頃の日当たりは窓際にしか、日が差し込まないため、部屋奥まで明るくはならない点です。

1階リビング 冬至の採光シミュレーション

1階リビング 冬至採光シミュレーション
1階リビング 冬至採光シミュレーション

冬至の一階リビングは6mの距離があってもやはり、終日直射日光が入りませんので間接光の影響による明るさだけが頼りです。

上の図では建物間の光の影響と、庭の明るさの影響が多少出ているように見えます。

昼になると間接光の影響で、窓際は350-500lxにはなりますし、隣家との距離4mよりは若干明るくなります。

しかし、太陽の角度が窓に対して斜めなので、部屋の奥は暗いままです。

■明るさの指標luxとは?詳しい解説はこちら▼

南東側6メートル先に住宅がある場合2階リビング日当たり

2階リビングの日影図

次に2階リビングについて、隣地建物の平面的な影の位置との関係を日影図を用いて、分析してみます。

春秋分の日影
南東 春秋分の2階日影図
南東 春秋分の2階日影図

2階にリビングがある場合、春秋分には、終日リビング内に直射日光が届きます。

隣家の影がリビングに被ることはないので、日当たりに悩むことはなさそうですね。

冬至の日影図
南東 冬至の2階日影図
南東 冬至の2階日影図

二階リビングの冬至の時期には朝10時頃になれば、部屋に日が入ってきます。

夕方は15時までくらいであれば、斜めの方向から部屋への日当たりが持続します

昼頃には隣家の影は家の手前に落ちて、リビング窓の正面方向に太陽があるので、気持ちの良い明るさになると思います。

2階リビング 冬至の採光シミュレーション

2階リビング 冬至採光シミュレーション
2階リビング 冬至採光シミュレーション

実際の部屋の明るさを見ていくと、

2階リビングは間接光と前面建物の間から伸びてくる太陽光の影響があり、

朝でも部屋の奥行きの半分くらいまでは250lxを超えるので、照明なしでもそこそこ明るいということがわかりました。

お昼頃は太陽光の角度がななめに入ってくるため、窓際は引き続き500luxと明るいですが、部屋奥に関しては朝よりも暗くなるようです。

南東側隣家との距離8メートルの場合

南東側の隣家との距離8mの1階リビングの日当たりは…

  • 春〜夏〜秋にかけて9-14時頃に日当たりあり。
  • 冬場には11-14時頃の日当たり。
  • いずれも昼間は窓に対して斜めから日が入るため、部屋奥までは明るくならない。

南東側隣家との距離8mの2階リビングの日当たりは…

  • 冬場の朝夕1時間を除いて、隣家の影の影響はなし

南側8メートル先に住宅がある場合1階リビング日当たり

南側隣地に建物間で8mの距離がある場合の影の位置を見ていきます。

1階リビングの日影図

南東向きの1階リビングについて、隣地建物の平面的な影の位置との関係を日影図を用いて、分析してみました。

春秋分の日影
南東8m 春秋分の1階日影図
南東8m 春秋分の1階日影図

春分秋分時の影の位置を見ると朝9時頃からリビングへ日当たりが望めることがわかります。

その後、13時までは太陽の方角的には斜めの方向からではありますが、直接日が部屋に入ります。

14時頃からは太陽が反対壁面側に回り込むので、基本的には部屋は暗くなると想定できます。

冬至の日影
南東8m 冬至の1階日影図
南東8m 冬至の1階日影図

冬至の時期では、朝の11時まではリビングは隣家の影に隠れます。

11時頃から14時ころまでは日が直接部屋に届きますが、窓に対してななめの報告からなので、部屋の奥まで明るくなりません。

夕方も15時になり始めた頃には太陽が西側に回り込むので、部屋が暗くなるのも早いです。

1階リビング 冬至の採光シミュレーション

1階リビング 冬至採光シミュレーション
1階リビング 冬至採光シミュレーション

冬至の1階リビングでは、朝隣家の間から日が差し込む可能性はあります。上の画は隙間から届いた光の影響が出ています。

昼になると隣家の屋根を越えて日が差し込んできますが、方角が悪く窓際しか明るくなりません。

■明るさの指標lxとは?詳しい解説はこちら▼

南側8メートル先に住宅がある場合2階リビング日当たり

2階リビングの日影図

次に2階リビングについて、隣地建物の平面的な影の位置との関係を日影図を用いて、分析してみます。

春秋分の日影
南東8m 春秋分の2階日影図
南東8m 春秋分の2階日影図

南東向きで隣家距離8mの2階にリビングがある場合、春秋分には終日、日差しが入ります。

2階の高さまで影が伸びてくることはなさそうです。

冬至の日影図
南東8m 冬至の2階日影図
南東8m 冬至の2階日影図

2階南東向きで隣家距離8mの2階の冬至の時期では、朝夕の1時間程を除けば、一日中日当たりが望めます。

南東側に隣家があっても2階であれば、隣家の影に影響を受けることはないですが、昼間の太陽の方角が窓に対して斜め方向なので、部屋奥までなかなか明るくならないというのが現状です。

2階リビング 冬至の採光シミュレーション

2階リビング 冬至採光シミュレーション
2階リビング 冬至採光シミュレーション

朝方から隣家間から伸びる日差しで部屋は比較的明るくなります。

ただし、隣家の屋根形状や建物間の距離によっては、もっと暗くなる可能性があるので注意が必要です。

南東側2階リビングであれば、窓際に限って言えば、ほぼ終日明るさが500lxに達します。

【まとめ】南東向き戸建ての一階リビングと二階リビングで必要な「お隣との距離」

いかがでしたでしょうか、最後に内容をまとめると

1階リビングなら4〜8メートルの隣家距離どれもあまり差が出ませんが、採用するなら少しでも日中の日当たりの時間が長い6メートル以上とすべきです。

昼間には窓に対して斜めの方向から日差しが入りますが、朝方の早い時間帯はどれだけ隣家からの距離を離しても冬場は影がかかりますので、南東向きのメリットは感じにくいでしょう。

2階リビングにできるなら、6メートル以上離せると冬場の朝方も日当たりが望めるでしょう。

それ以外の季節時間帯についてはいずれも日当たり良好です。

是非、これらの検証を元に見つけた南東向きの土地に建つリビングの日当たりを想定して、失敗のない家づくりを実現してください。

南向きリビングの隣家との距離4〜8mの記事はこちら▼

南西向きリビングの隣家との距離4〜8mの記事はこちら▼

仲介手数料が最大0円+キャッシュバック付きで新築戸建て、中古マンションを紹介してもらえる!

一般的に新築戸建ての購入や中古マンションの購入には、仲介してくれた不動産会社に、
仲介手数料(物件価格か×3%+6万円+税)がかかります。

例えば4000万円の新築一戸建てを購入する場合、
4000万円×3%+6万円+消費税(10%)=132万円の仲介手数料がかかります。

しかし、ZERO!HOMES であれば、東京、千葉、神奈川、埼玉の物件が仲介手数料無料で紹介してもらうことが可能です。

浮いた100万円で、新居でいい家具を買ってもよし、ローンを減らしてもよし、ついでに車を買い替えてもよし。
しかも、問い合わせ無料で匿名もOKです。

例えば、SUUMOat homeLIFULL home‘sYAHOO不動産で見つけている物件のURLをコピーして、

ZERO!HOMES の問い合わせフォームに貼って送るだけで良いのです。

建築士である筆者も実際に問い合わせて、本当に仲介料が0円になる物件があるのか確かめてみました。

実際に、ZERO!HOMES に問い合わせてみて感じたのが、匿名OK、何件問い合わせてもOKという気軽さです。

運が良ければキャッシュバックももらえますし、レスポンスもとても早く丁寧なので、
先ずは聞いてみて、その後内見するかはじっくり考えてみることをおすすめします。

新築戸建てや中古マンションを、お探しの方に絶対おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました