徹底解説!マンション標準間取りの日当たりシミュレーション|南向き【解析画像あり】

マンション

【マンション採光シミュレーションの南向きバージョンの記事です。】

戸建てと異なり、間取りの決まっているマンションは建っている向きが日当たりにおいて生命線ですよね。
購入してから、思ったより日が当たらなかった…なんて後悔しないように。

本記事では、一級建築士で、自邸の設計経験、マンション居住経験のある筆者が

  • 南向き住戸の日当りについてもっと詳しく知りたい!
  • マンションはどの方角に向いているのがベストかわからない…
  • 集合住宅の東西南北の採光ってどうなの?
  • 日当たりの良し悪しって言葉で説明されてもよくわからない!

という悩み・疑問を解決していきます。

標準的な田の字プランのマンションをモデルに、南向きマンションと他の方角別の日当たりについてシミュレーション画像付きで検証していきます。

【結論】南向きは日中の日当りが有利!

各方位と季節・時間ごとの比較より以下のことがわかりました。

  • 朝方〜日中にかけての日当りは他の方角の追随を許さないくらいに明るい
  • 特に部屋Aに関しては終日日当りが望める
  • 夏場はバルコニーの出幅によって日当りを制御できる可能性あり
  • 冬場は明け方から昼間の日差しで部屋がかなり温まることが予想できる
  • 地域・季節によっては暑さ対策が必要なことも想定される
  • 夏至においては南東・南西と日当りの差は少ないが、冬至は南西よりもかなり明るくなる

それでは詳細に見ていきましょう。

検証条件:I型・田の字プラン

地域︰東京
天気:晴れ
敷地条件︰南向き・開口部向かいに遮蔽物なし、1階

検証間取り:

検証間取り

I型・田の字プランにて、真南の方角にバルコニーが対面する条件とします。

検証時間帯︰(季節︰春秋分)
朝9時、昼12時、夕16時
季節ごとの解析条件(時間帯︰12時)
春分(3/20)、秋分(9/23)、夏至(6/21)、冬至(12/22)
解析単位︰lux
【lux(ルクス)とは?単位についての詳しい記事はこちら】

使用ソフト︰VELUX Daylight Visualizer
(CIE国際照明委員会 から、採光シミュレーションプログラムの精度を検証する試験により CIE171:2006 認定を取得)

南向きマンション|日当りの特徴

先ず、南向きマンションの時間帯別・季節別の日当たりについて詳細に見ていきます

時間帯別の日当り

南向き 時間帯別 日当たりシミュレーション(春秋分)
南向き 時間帯別 日当たりシミュレーション(春秋分)

一般的に日当りが良いとされる南向き住戸を詳しく見ていくと、朝方から食事や団らんに師匠のないレベルの日当りが、リビング・部屋Aで確保できています。

また、昼間になると窓側の部屋半分は500luxを超えてくるので、机の上で細かい作業ができるくらいの明るさが部屋を満たします。その明るさは部屋の置くキッチン近くまで届くことが予想できます。

夕方においても部屋Aでは200luxを超える明るさが確保できるため朝から夕方にかけて長い時間照明の点灯が不要な部屋となるでしょう。

部屋B、部屋Cにおいては真北の方角になるので年間を通じて部屋内の明るさは望めないことがわかります。

季節別の日当り

南向き 季節別 日当たりシミュレーション(12時)
南向き 季節別 日当たりシミュレーション(12時)

南向きのマンションの日当りを季節別に見てみると年間を通じて総じて日当りがかなり良いとわかります。夏場は太陽高度があがるため、前面のバルコニーに日差しが若干遮られる形で日当りは抑えられますが、気温の上がる夏場においてはそれでも暑さ対策・遮光が必要な場合もあると想定できます。

各方角の時間帯別|日当たり比較

ここでは各方角の時間帯別の日当たりを比較していきます。季節は春秋分としています。

朝方の日当り

東西南北の日当り比較

東西南北別 日当たり シミュレーション(9時)
東西南北別 日当たり シミュレーション(9時)

朝方の南向きマンションの日当たりを東・西・北向きと比較してみると、東向きに次いで日当りが望めることがわかります。

東向きの500lux以上には届きませんが、それでも250lux前後まで明るくなるので食事や団らんにおいても照明の点灯は不要な明るさと言えるでしょう。
部屋B・部屋Cにおいては東側と同じく他の方角に比べ暗くなります。

南・南東・南西の日当り比較

南・南東・南西別 日当たり シミュレーション(9時)
南・南東・南西別 日当たり シミュレーション(9時)

朝方の南向きのマンションの日当たりを南東向き、南西向きと比較してみます。
日当たりの良い方から順に南東・南・南西となります。南東はリビングの奥までかなり明るくなりますが、南向きも次いでリビングの中ほどまでは250lux前後の明るさになることがわかります。

昼間の日当り

東西南北の日当り比較

東西南北別 日当たり シミュレーション(12時)
東西南北別 日当たり シミュレーション(12時)

昼間における各方角の日当りについては、南向きはやはりダントツでリビング・部屋Aの明るさが確保できます。日中における明るさという意味では他の方角の追随を許さないレベルであり、同時に地域や季節によっては暑さ対策が必要なレベルともいえます。

南・南東・南西の日当り比較

南・南東・南西別 日当たり シミュレーション(12時)
南・南東・南西別 日当たり シミュレーション(12時)

昼間の日当りを近似する方角と比べてみると、南東・南西に傾いた方角よりも真南の方角は日当りが最も強くなることがわかります。順番にならべると、南・南東・南西の順に日当りの強さが減っていくといえます。

夕方の日当り

東西南北の日当り比較

東西南北別 日当たり シミュレーション(16時)
東西南北別 日当たり シミュレーション(16時)

夕方においては南向き住戸の日当りはだいぶ減少しますが、それでも部屋Aにおいては東向き・北向きと比べてまだ、照明が不要なくらいに明るさは確保できるとわかります。

南・南東・南西の日当り比較

南・南東・南西別 日当たり シミュレーション(16時)
南・南東・南西別 日当たり シミュレーション(16時)

夕方における近似方角との日当りの差を見てみると、南西向きは部屋Aの日当りが著しいのにくらべ、南向きは比較的、部屋Aとリビングに適度な明るさが残った状態といえます。南東向きよりは夕方までも日当りが継続する状況とかんがえられます。

各方角の季節別|日当たり比較

夏至における日当り

次に夏至における各方位との日当たりを比較してみます。

東西南北の日当り比較

東西南北別 日当たり シミュレーション(夏至・12時)
東西南北別 日当たり シミュレーション(夏至・12時)

夏至においても南向きは日当りが最も強いことが想定されますが、太陽高度が高くなることもあり、東西向きとの差はそこまでおおきくないと見て取れます。

南・南東・南西の日当り比較

南・南東・南西別 日当たり シミュレーション(夏至・12時)
南・南東・南西別 日当たり シミュレーション(夏至・12時)

夏至における近似方角との日当りの差については、あまり変化がないと言えます。あえて順序をつけるとすれば、南・南東・南西の順になります。

冬至における日当り

つづいて冬至における各方位との日当たりの比較です。

東西南北の日当り比較

東西南北別 日当たり シミュレーション(冬至・12時)
東西南北別 日当たり シミュレーション(冬至・12時)

冬至においては日中は南向きがリビング・部屋Aの日当りが飛び抜けて良く、リビング奥のキッチンまで明るさが届きます。
注目すべきは北向きは部屋Bと部屋Cの明るさが増すのにくらべ、南向きは昼間でも明るさに変化はないということです。

南・南東・南西の日当り比較

南・南東・南西別 日当たり シミュレーション(冬至・12時)
南・南東・南西別 日当たり シミュレーション(冬至・12時)

冬至においては近似方角に置いても、日当りの差はおおきくなり、特に南西に比べて真南は室内の明るさがかなり明るい傾向にあります。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。
マンションの開口部の向きが真南向きという条件下だと、

  • 朝方〜日中にかけての日当りは他の方角の追随を許さないくらいに明るい
  • 特に部屋Aに関しては終日日当りが望める
  • 夏場はバルコニーの出幅によって日当りを制御できる可能性あり
  • 冬場は明け方から昼間の日差しで部屋がかなり温まることが予想できる
  • 地域・季節によっては暑さ対策が必要なことも想定される
  • 夏至においては南東・南西と日当りの差は少ないが、冬至は南西よりもかなり明るくなる

ということがわかりました。

他の方角との比べて見ると、方角による日当たり違いがよくわかると思います。同じマンションでも若干の方角の違いがあれば、その中から有利な部屋と間取りがわかるようになるはずです。

【東向きマンションの日当りについてはこちらの記事】

【南東向きマンションの日当りについてはこちらの記事】

南西向きマンションの日当りについてはこちらの記事】

【西向きマンションの日当りについてはこちらの記事】

【北西向きマンションの日当りについてはこちらの記事】

【北向きマンションの日当りについてはこちらの記事】

【北東向きのマンションの日当りについてはこちらの記事】

【東西南北、部屋の明るさの雰囲気を見たい方はこちらの記事へ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました